ブログ|東武曳舟駅より徒歩30秒、曳舟駅・墨田区東向島・向島・押上で
歯科・歯医者をお探しの方は曳舟デンタルクリニックまで

  • 03-6657-3221
  • メニュー
以前のブログでも取り上げましたが(2017.3.16のブログをご参照ください)、歯周病は中高年だけの病気ではなく、時には若い人にも発症します。 これを侵襲性歯周炎といい、以下のような特徴があります。 ①進行が早い ②プラークの付着量と関係しない ③家族内発現を […] 続きを読む
歯周病の治療は、大きく分けて、歯周基本治療、歯周外科治療、メインテナンス治療の3つのフェーズに分けられます。 歯周基本治療とは、歯周病の原因(主にプラーク)や歯周病を悪化させる要因(喫煙習慣やストレス、糖尿病など)を明らかにし、一つ一つを丁寧に取り除く治療全体 […] 続きを読む
歯周病の患者さんにインプラント治療を行なった症例です。 初診:2013年9月、64歳の男性 主訴:歯周病を治したい、入れ歯が合わない。 診断名:広範型中等度慢性歯周炎 治療経過:①ブラッシング指導②スケーリング(歯石とり)③ルートプレーニング(汚染された歯根の […] 続きを読む
歯周病の初期症状の一つに、歯を磨いた時の歯肉からの出血があります。 出血を怖がって歯ブラシを歯肉に当てないと、さらにプラーク(歯垢)がたまり、歯周病が悪化する…という悪循環に陥ることもあります。 歯周病の原因は、プラークやプラークが固まった歯石ですので、これら […] 続きを読む
患者さんは30代の女性です。他院から歯周病治療の依頼で来院されました。 歯周ポケット検査を行ったところ、右下の小臼歯に8mmの深い歯周ポケットを認め、レントゲン上でも骨が溶けていることが確認できます(左下レントゲン黄色い枠の中、歯の根の周りの黒くなっている場所 […] 続きを読む
クインテッセンス出版の7月の新刊書籍、『今読むべきインパクトの高いインプラント80論文&88症例』に、歯周病とインプラントの治療症例が掲載されました。 続きを読む
6/4~6/10は、「歯と口の健康週間」でした。 今年の標語は、『「おいしい」と「元気」を支える丈夫な歯』だそうです。 近年、予防歯科の重要性が叫ばれるようになり、定期的に歯科医院に検診に行かれる方も増えてきたようですが、しばらく歯科検診を受けていない方や、以 […] 続きを読む
歯周病が進行すると、歯を支える骨が失われてくることにより、歯が移動し、歯並びが以前より悪くなることがあります。 これを歯の病的移動 (Pathological Tooth Movement) といい、進行した歯周病の約30~50%で、前歯の位置移動や歯間離開( […] 続きを読む
以前勤務していたクリニックでの治療例です。 患者さんは30代の女性です。他院から歯周病治療の依頼で来院されました。前院でしっかり歯ブラシ指導を受けていたこともあり、プラークコントロールは良好で、歯肉に顕著な炎症所見は認められませんでした。しかし、歯周ポケット検 […] 続きを読む
歯周病が進行すると、歯を支える骨(歯槽骨)が溶けてしまい、最終的に歯が抜け落ちてしまいます。 一度失われてしまった骨は自然に再生することはありませんが、エムドゲインという歯周組織再生材料を使用した手術によって、再生することが可能になってきました。 エムドゲイン […] 続きを読む
1 2